簡単な花束の作り方 ラッピングやリボンも自分でできる!

スポンサードリンク




時間がない時、予算がない時
「自分で花束を作れたら・・・」
と思ったことはありませんか?

特別な専門用具がなくても簡単にできる
花束の作り方をご紹介します。


不器用さんでも、ラッピングや
リボンも可愛く作れます♪


スポンサードリンク
  

簡単な花束の作り方



私が「花束、自分でできないかな」
と思ったきっかけは
友人のコンサートに招待された時。


明日の朝9時に家を出るのはいいけど
時間が早くてお花屋さんが開いてない!
どうしよう~(汗)


こんな風に焦ったからなんですが
子供ができてからは、さらに
こういう状況に陥ることが増えました。


お友達の発表会に呼ばれるからです。
でも・・・


・10時前に開いてるお花屋さんがない
・家を出るのが早いから宅配も無理
・前日に買うのは夏だと厳しい


など、困ることもよくあって
前日に買った場合も、色々試しました。


詳しくはこちらです↓
「花束が持つ時間はどれくらい?良い保管方法と長持ちする花」


↑この方法が通用しない季節や
下だけラッピングするのは
逆に難しいという場合は


全部作っちゃった方が早いですね。


では、実際に作ってみましょう。
用意するものは↓これだけです。


・お花
・ラッピングペーパー
・輪ゴム
・ハサミ
・キッチンペーパー
・ビニール袋
・セロテープ
・アルミホイル
・リボン


1.お花を用意
 茎を交差させながら並べる





2.並べ方が決まったら輪ゴムで留める
 (ヒモで縛ってもOK)


3.茎の下を切りそろえる


4.洗面器に水を張り
 キッチンペーパーを浸す
 これで茎を包む


5.ビニールをかぶせて
 セロテープで留める


6.上からアルミホイルを巻く


これで基本の部分が完成です。
ラッピングは、次の章でお伝えしますね。


お花以外は、全部100均でも揃います。
予算が厳しい時や、大量に作る時は
100均でも可愛く作ることができますが


ラッピングにこだわりたいのであれば
雑貨屋などで、実際に素材や色などを
見てみることをおすすめします。


ちなみに、私は近所のヨーカドーで
購入することが多いです。
通販なら、専門店もありますよ。


花束の作り方 ラッピング編




1.1枚めのラッピングペーパーの角に
 花束を置く



2.下の角を上に向けて折る


3.右と左も真ん中に向けて折る
 これで包まれる形になる


4.輪ゴムで留めた辺りの位置を
 セロテープでググっと巻く
 (絞るような感じです)





5.上から透明のセロファンを巻く
 ラッピングペーパーの角と揃えて
 着物を着せるように左右を合わせる


6.4番で留めたセロテープの位置で
 一回り巻く


7.下のセロファンを後ろに折り
 さらにテープをググっと絞り巻く


8.リボンを巻いて結べば完成です


ラッピングのコツは、上はふんわり
下はキュッとタイトにするイメージで
包むと花束っぽくなります。


セロファンではなく、ラッピング用紙を
色違いで2枚にしても可愛いですよ♪


ラッピングペーパーの大きさですが
横はお花の3倍程度、縦は2倍程度あればOKです。



花束のリボンの作り方も簡単!



手で持つ辺りにリボンを巻きますが
ただ結ぶだけだと、ちょっとさみしいですね。


花屋でリボンを付けるところを見ると
とても難しそうに見えますが


簡単な方法でも、十分プロっぽく(?)
見える作り方はたくさんあります。


とっても簡単なのはこちら




ゴージャスに見せたければこちら




カールをかけるのも実は簡単!




でもやっぱり自信が無い方はこちら



引っ張るだけでこんなにかわいい
「リボンボウ」ができてしまう
不器用さんには最適のグッズです♪

まとめ



個人的には、ラッピングやリボン作りより
お花をクロスさせたり、重ねたり
バランスを考えたりする方が難しいような。


ここはセンスですかね~(^_^;)
相手に喜んでもらえるように
練習して頑張りましょうね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。