茂原七夕祭り 千葉の夏祭りの日程・アクセス・屋台の出店情報

スポンサードリンク

mobaratanabatamaturi


茂原七夕祭りは千葉県茂原市で行われる
関東三大祭りのうちの一つ。


豪華な七夕飾り、美味しい屋台、
阿波踊りやお笑いライブまで


夏祭りを満喫できるように
イベント情報をまとめました。


スポンサードリンク
  

茂原七夕祭りは千葉の大きな行事です



千葉県茂原市の七夕まつりは
2016年で第62回となります。


昭和30年に発足したこのお祭りも
今では関東屈指の祭典として


前年では90万人もの人が訪れる
知名度の高いものとなりました。


ちなみに、あと2つは
平塚七夕祭りと入間川七夕祭りです。


2016年の平塚祭り(神奈川県)は
7月8(金)、9(土)、10日(日)で


入間川(埼玉県)はまだ未定ですが
昨年は8月1日(土)、2日(日)で
毎年この辺りで開催されますので


三大祭りの日程がかぶることはなく
三つすべての祭りを回る方も多いんです。


では、茂原祭りの詳細をお伝えしますね。

茂原七夕祭りの日程とアクセス、駐車場



2016年の日程は
7月29(金)、30(土)、31日(日)
この3日間で予定されています。


時間は29日(金)と31日(日)が
10時~20時まで。
30日(土)だけは21時までの予定です。


昨年のオープニングは24日(金)の15時40分~
フェスタ21会場にて行われました。
中学吹奏楽部の演奏でスタートです。


フィナーレは26日(日)19時半~20時に
同じくフェスタ21会場で、歌とダンスの
感動的な終わりを迎えました。


この間、商店街には笹飾りや七夕飾り
提灯装飾や天の川装飾などがされ
七夕のお祭りムードを盛り上げます。


JR茂原駅で降りると、すでに装飾があり
会場までが待ち遠しくなりますよ。


電車でのアクセスは、東京からですと
京葉線特急で52分、快速で80分


総武線快速で80分で到着します。
いずれも、茂原駅で下車(南口)です。


ここからメイン会場まではすぐです。
飾りや人の流れがあり、迷うことはありません。


車の場合、東関東自動車道利用で
湾岸市川→茂原が約50分。


京葉道路利用で、一之江→茂原が約55分
東京湾アクアライン-圏央道利用で
羽田空港→茂原が約60分です。


昨年は中日の25日(土)17時半より
「もばら阿波おどり」が行われ


最終日の26日(日)の10時45分からは
「よさこい夏の陣」がはじまりました。




ですから、七夕祭りの開催期間中は
周辺が交通規制されますので
車でお越しの方は、気を付けて下さいね。


期間中は臨時無料駐車場がありますが
メイン会場まで徒歩30~40分程歩きます。
「茂原公園」や「市役所」の周辺です。


市役所からなら、茂原駅までバスがありますので
そちらを利用した方がいいでしょう。
臨時バスの運賃は100円です。



茂原七夕まつりの屋台や露天の出店



お祭りの楽しみと言えば、食べ歩き。
茂原七夕まつりの屋台の場所は
駅前通りです。


屋台の時間は金曜、日曜が21時
土曜日のみ22時を予定していますが
出店オーナーにより時間が変わります。


最終日は、早く片付ける傾向にありますので
食べ損じのないよう、気を付けて下さいね。
出店は、約200店と言われています。


有名な屋台は「たまごせんべい」ですね。
定番の「焼きそば」や「たこ焼き」
「りんご飴」「イカ焼き」はもちろんのこと


ちょっと変わったところでは
「ブイヤベースラーメン」「揚げピザ」


「ツイスト芋」「雷門もんじゃあげ」など
珍しい食べ物にも出会うことができますよ。
今年はどんな屋台が出るか、楽しみです。


食べ物の他にも、風鈴や切り絵
手作りアクセサリー、夏のリースなど
夏の思い出になる品がたくさんです。


こうやって記事にまとめている間にも
「早く行きたいな~」と
ワクワクしてしまいます♪

まとめ



関東三大祭りですから、とにかく混みます。
暑さが厳しい時期でもあるので


お子様連れの方は、熱中症にならないよう
水分補給をマメにして下さいね。
うちわや扇子、保冷剤も忘れずに!


金曜日の早い時間は比較的空いていますし
夜より昼の方が、人が少ないです。
無理をしないで、楽しんで下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。