猫に観葉植物は害になる?毒性のあるものと無害なもの

スポンサードリンク

nekokanyousyokubutugai


猫にとって、観葉植物は
害になる場合があります。


毒性のある観葉植物や
無害なものについてお話しします。


スポンサードリンク
  

猫に観葉植物は害なのか?



前回は、アロマオイルの害について
詳しくお話ししましたが
※アロマについてはこちら


同じ植物として、観葉植物はどうなのか?
疑問に思う方もいると思います。


結論から言って、猫にとって
「有害な観葉植物」はあるんです。


これは、アロマオイルと同じで
肉食動物の猫は、肝臓の働きが
雑食の犬や人間とは違うことから


植物の成分が分解できず、蓄積するので
中毒症状を起こしやすいからなんですね。


ですから、室内で猫を飼いながら
観葉植物を育てるのは
実はとても大変なことなんです。


それは、猫に害のある植物が
700種類以上あると言われていることと


いつ、どれ位食べてしまったのか?を
正確に計ることが難しいからです。


まずは毒性のある、危険な植物を覚え
家には置かないよう気をつけましょう。

猫に観葉植物で毒性のあるものは



◆ユリ科

猫好きの方なら「ユリは特に危険」と
聞いたことがあると思います。
ユリやスズラン、チューリップなど。


◆サトイモ科

アイビー、フィロデンドロン、ポトス、カラー
スパティフィラム、ディフェンバキア
モンステラ、アンセリウム、カラジウムなど


◆キンポウゲ科

観賞用の花ですが、食べると大変です。
トリカブトもキンポウゲ科です。
キンポウゲ、アネモネ、クレマチスなど。


◆ナス科

特に未成熟な果実が毒性が強く
死に至ることもある、注意すべき植物。
朝鮮朝顔、イヌホウズキ、ニオイバンマツリなど。


◆ツツジ科

嘔吐や不整脈などの症状を起こします。
月桂樹、アザレア、シャクナゲなど


◆バラ科

未成熟な果実にはシアンという成分が。
桃、桜、あんず、びわ、すももなど。


◆プラム属

桃、梅、リンゴ、チェリー、あんずなど


◆ウルシ科

ウルシ、ハゼノキ、ツタウルシ


◆カランコエ属

◆トウダイグサ科

◆イチイ科

◆トウゴマ

◆イヌサフラン

◆ソテツ

◆ゴクラクチョウカ

◆ジンチョウゲ

◆ポインセチア

◆アロエ


以上が、私が調べた中で
「特に危険なもの」ですが


「注意した方がいいもの」
というものも発見しました。
それが以下になります。


◆スイセン、キキョウ、シクラメン、朝顔
 ヒヤシンス、オシロイバナ、彼岸花◆

猫に観葉植物で無害なものはあるの?



獣医さんのブログで
「毒性なしリスト」を見つけました。
⇒猫獣医による猫ブログ


ただし、注意書きとして
「毒性リストは完璧ではない」
とおっしゃられています。


猫好きにとっては、
大変ためになるブログですので
熟読されることをおすすめします。


以上のことから、置いてもいい植物は
猫草だけのような気がします。


例えば、観葉植物の周りに囲いをしたり
色々手をつくしても、興味があれば
好奇心に勝てないのが猫だと思うので


いつ、何が起きるかわかりませんよね。
そんなわけで、うちはベランダに
いただいたサボテンがあるだけです。


うちの猫はベランダが嫌いなので
まず出ることはないのですが


念のため、網戸を開けないように
網戸用の鍵をつけています。


そして、網戸にしているのは
家族の誰かがいる時だけで
外出時には、窓を閉めています。


ちなみに
「多幸の木」と呼ばれるガジュマルは
毒性がないと言われているのに対し


「幸福の木」と呼ばれるドラセナは
強い毒性があるんだそうです。


ややこしいですね。
やはり何も無いのが、1番安全です。

まとめ



葉っぱが好きな猫もいれば
嫌いな猫もいますので


好きな場合は、観葉植物を
置かないことが1番ですが


どうしても処分できない場合は
猫が食べられない部屋に置き
厳重に管理して下さいね。


葉っぱが嫌いなコでも
絶対口にしない、とは限りませんからね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。