暑中見舞いの喪中もマナー 相手に出す場合の文例と心づかい

スポンサードリンク

syocyuumimaimocyuumanaa


暑中見舞いを出すお相手が喪中の場合
マナーとしてはどうすべきでしょうか?


今回は「喪中」の意味を再確認し
簡単な文例を混じえながら
お相手への気遣いを学びます。


スポンサードリンク
  

暑中見舞いの喪中のマナー



年賀状の場合は、喪中の方から
「喪中はがき」(年賀欠礼状)が来ますよね。
これは、身内に不幸があった時に


「喪に服すため、新年の挨拶ができずに
 申し訳ありません」ということを、
事前に知らせるはがきです。


年賀状とは、新年を「祝う」ものであり
「おめでとう」の言葉が入りますから


身内が亡くなられた方にとっては
「めでたく新年を迎えられていない」と考え
年賀状を控えるのが、一般的になっています。


※喪中に年賀状を受け取るのは
 マナー違反ではありません。
 詳しくは「年賀状」のページをご覧下さい。


ですが、暑中見舞いは
「祝い」ではなく「お見舞い」です。


例文のページでもお伝えしたように
相手の安否を気遣うのが暑中見舞いの目的。



「暑中お見舞いおめでとうございます」
なんて言いませんよね。
つまり、出しても問題ないんです。


では、もう少し詳しくお話しします。

暑中見舞いを喪中の相手に出してもいいの?



上でお話ししたように「出してよい」ですが
忌中の間は、遠慮する気遣いも必要です。


「忌中」は四十九日の法要まで
「喪中」は一周忌までの間です。


忌明けが立秋(8月6~8日)を過ぎていたら
「残暑見舞い」として出します。


四十九日までは、何かとバタバタしますし
気持ちも落ち着かない時期ですからね。


さらには、文章や写真
絵柄などにも気を配りましょう。
次の章で詳しくお話しします。

暑中見舞いを喪中の方に出す場合の文例



喪中に慎むべき「祝い事」ではないにしろ
やはり、相手を思う「お見舞い」ですから
あまり派手なものを選ぶのはやめましょう。


絵柄が印刷されているはがきの場合
シンプルなものを選ぶことをおすすめします。


また「忌み言葉」にも気をつけます。


・重ね重ね
・度々
・しばしば
・益々
・返す返すも


このような重ね言葉や

・九(苦しむを連想)
・四(死ぬを連想)
・消える、迷う、浮かばれない

このような言葉も避けて下さいね。


簡単な文例の1つとしては


「暑中お見舞い申し上げます。
 ○○さんがご逝去され、寂しい日々を
 お過ごしかとお察しいたします。

 心よりお悔やみを申し上げます。
 暑い日が続きますが
 お体を大切にお過ごし下さい」

 平成○○年 七月」


このような形でいかがでしょうか。
各箇所に、アレンジを加えて下さいね。

まとめ



喪中の時に、暑中見舞いが届き
気遣いの言葉が書かれてあると


その優しさや温かさが伝わり
とても嬉しいものです。


変に気を回しすぎて
「出さない」のではなく
マナーを守って、心を伝えましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。