お中元と暑中見舞いは両方必要?お礼を兼ねる場合の文例をご紹介

スポンサードリンク

ocyuugensyocyuumimai


「お中元」と「暑中見舞い」は
両方必要なんでしょうか?


その場合の暑中見舞いは
「品物」なのか「はがき」でいいのか?


はがきでいいのなら、お中元のお礼は
暑中見舞いを兼ねて出してもいいの?


など、今回はこの2つについて
文例を混じえてお話しします。

スポンサードリンク
  

お中元と暑中見舞いは両方するもの?



まずは、それぞれの違いを考えましょう。
お中元は「日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈り物をする」もの。


期間は7月初め~中頃まで(東日本)
8月初め~中頃まで(西日本)ですが


最近では全国で「7月中頃まで」というのが
定着しつつあるようです。


贈るお相手は「日頃お世話になっている方」
会社の上司や、遠方に暮らす両親、恩師、
習い事の先生など、決まりはありません。


一方、暑中見舞いというものは
厳しい暑さの中の安否を尋ねるため
はがきを出したり、訪問したりする事ですが


うっかりお中元の時期を逃し
7月16日以降に贈る場合の品も
「暑中見舞い」とのしに書きます。


ですが、一般的に「暑中見舞い」と言うと
はがきのことをさす場合が多いですから


ここでは「暑中見舞い=はがき」
ということでお話しします。


時期的には、7月7日ころから立秋までで
これを過ぎると「残暑見舞い」になります。
詳しくはこちらを読んでみて下さいね。


このように、それぞれの持つ目的に
違いがあることがわかりました。


つまり、両方出してもよいですし
どちらか1つでもよいわけですが
ここは、お相手との関係性によります。


上司に贈る場合で悩んでいる方は
先輩に聞くのが1番です。


お中元後に暑中見舞いも出しているのか?
お中元後に間を開けて、
残暑見舞いにしているか?


先輩に教えてもらえば、
間違いないですよね。

お中元のお礼を暑中見舞いはがきに書いていい?



結論から言って、書いても大丈夫です。
やはり、どうしても重なる時期にありますから


お中元のお礼状を兼ねた暑中見舞いを
はがきで送る方は多いんですね。
もちろん、残暑見舞いでもOKです。


その場合、まずは
「暑中お見舞い申し上げます」
から書き出します。


次に時候の挨拶を入れ、安否を尋ねます。
次に、お礼の言葉を入れます。
最後に結びの言葉を入れて、日付です。


これが、基本構成になります。
下に簡単な例文を書きますので


それぞれの部分にアレンジを加えて
文章を完成させて下さいね。

暑中見舞いの文例 お中元のお礼を兼ねる場合



暑中お見舞い申し上げます。

日ごと暑さが加わりますが
お変わりなくお過ごしでしょうか。

この度は、心のこもったお品を頂きまして
誠にありがとうございます。

いつもながらお気づかいいただき
恐縮に存じます。

暑い日が続きますが、どうかお元気で
お過ごし下さいませ。

平成○○年 ○月


日付は「○月○日」ではなく
暑中見舞いなら「平成○○年 七月」や
「平成○○年 盛夏」と書きましょう。


残暑見舞いであれば「平成○○年 八月」や
「晩夏」「立秋」「葉月」等書きます。

まとめ



お中元と暑中見舞いは両方でもOK。
ここは関係性により変わるもの。


西日本と東日本のお中元の時期は
地域により違いがあるので
確認してから出すようにする。


暑中見舞いはがきお礼状を兼ねてもOK。
ただし、上司の場合は先輩や周りに
相談するのが1番です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。