猫に殺虫剤は害?安全なものは?蚊取り線香はどう?

スポンサードリンク

nekosacyuuzaigai


猫に殺虫剤は害になるのか?
逆に、安全なものはあるのか?
蚊取り線香やノーマット系は?


夏になる出てくる「虫」の悩み。
猫と暮らすあなたに
殺虫剤のあれこれをお届けします。

スポンサードリンク
 

猫にとって殺虫剤は害になる?



私は虫が大嫌いです!!
なので、殺虫剤は1年中常備しています。
これがないと、心配で生活できません。


特にイヤなのがGとKなんですが
直視できないですし、パソコンで
文字にするのも気持ち悪いです。


幸い、今の部屋にGは出ませんが
Kには2日に1度レベルで遭遇してしまい
見たが最後、気になって気になって


食欲もなくなりますし、とにかく怖いので
精神衛生上、非常によろしくありません。


ですが、猫と一緒に住んでいるので
ヤツらの退治にも気を使います。
それにこれからの季節、蚊も心配です。


しかし、アロマオイルが使えないので
※アロマと猫についてはこちら


殺虫剤が猫に与える影響について
色々調べるようになったんです。


まずは、殺虫剤の販売元に
電話して、直接聞いてみました。


「猫がいる部屋でスプレーしていいか?」
という質問に対してのお答えは


・猫は違う部屋に移動させた方がいい
・多少吸い込んでしまっても害はない

・多少吸い込んでも哺乳類や鳥類は
 この成分の分解酵素を持っている

・とは言え、薬剤がかからないよう注意する
・かかった床などはよく拭く


このような回答をいただきました。
ちなみに、うちに常備されている
「ゴキジェットプロ」について聞きました。


成分を見ると「イミプロトリン」
(ピレスロイド系)と書かれてあります。


どうやら、このピレスロイド系は
昆虫や爬虫類、魚類に毒性が強く
猫を含む哺乳類には低いようです。


上の方がおっしゃったように、猫は
ピレスロイドの分解酵素を持つので


万が一、体内に入ってしまっても
薬剤が分解され、尿と共に
排泄されるようですね。


私も、常備はしていますが
必ず猫を先に確保しますので
かかってしまったことはありません。


薬剤がかかった床や壁もよく拭きます。
カーテンにかかったら洗います。
猫ベッドなんかも洗いますね。


薬は薬ですから、なるべく
猫の体内に入れたくありませんし
アレルギーになる場合もあるかもしれませんものね。

猫に安全な殺虫剤ってあるの?



上記ピレスロイド系が
使えることはわかったものの
「100%安全」という訳ではないので


うちには「凍止ジェット」もあります。
これは、瞬間的に凍らせて
ヤツらの行動を停止させるもの。


殺虫剤ゼロなのがいい!
でも、あくまで「行動停止剤」。
凍ってる間に、すぐ捨てる必要があります。


ヤツらをです・・・。


以前、Kに対して
噴射したことがありますが
勢いがスゴイ!!ので


Kは飛ばされて
どこかへ行ってしまいました。


なので、凍死したのか?復活したのか?
どうなったのかは不明なんですが
その後は出なかったんですよね、アイツ。


ということで、凍ったヤツらを
処理したことはまだありませんが
使う場合は、それを踏まえて下さいね。

       



これはちょっと、用途が違いますが
本当は猫にとってはGやKより
蚊の方が心配ですよね。

猫に蚊取り線香や蚊取りマットは大丈夫?



蚊による心配事と言えば
「猫フィラリア」や
「蚊アレルギー」ですよね。


では
蚊取り線香はどうなのかと調べたら


緑のぐるぐる巻蚊取り線香は
どれもピレスロイドなんですね。


ということは、ゴキジェットと一緒で
猫の近くでは焚けないですよね?
まぁ、逃げて行くとは思いますが。


ノーマットタイプの蚊取り線香も
ワンプッシュタイプの蚊取り線香も
やはり、同じ成分ですね。


ということで、使うのなら
昔ながらの「除虫菊」でしょうか。


天然除虫菊の蚊取り線香なら
有効成分は、天然ピレトリンです。


100%植物成分なので
家で焚くなら、こちらがいいですね。
黄土色っぽいうず巻で、やや高めです。


私は使用経験がありませんが
「犬・猫がいても大丈夫」
と書いてありました。

まとめ



なぜかキッチンで
Kに会う確率が高いんですが


ここには猫は居ないものの
食器や調味料があり
殺虫剤は使えないので


キッチン泡ハイターとか
除菌エタノールスプレーとか
とりあえずあるものをかけています。


結果、なんとか成功していますが
後片付けが本当に辛いです・・・。
出ないのが1番ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。