赤ちゃんに日焼け止めは必要?おすすめ品とそれ以外の紫外線対策をご紹介

akacyanhiyakedomehituyou


紫外線は年々強くなっていると言われています。
簡単な紫外線対策と言えば、日焼け止めですが
赤ちゃんにも、やはり日焼け止めは必要なんでしょうか?


スポンサードリンク
  

赤ちゃんに日焼け止めは必要?不要?



赤ちゃんに日焼け止めは必要か、不要か。
母親として、とても悩むところですよね。


躊躇する理由は「肌に良くないのでは」と心配だから。
ネットで調べてみても、実に賛否両論で
「どれが正しいのかわからない!」となりますよね。


そこで、皮膚科の先生にお伺いしてみました。
紫外線が肌に与える影響は、やはりよくないとのこと。


大人の女性は、シミやシワになることを恐れますが
免疫力が下がってしまったり
皮膚ガンの原因になることもあるんだそうです。


赤ちゃんの肌はバリア機能が十分ではなく
皮膚も薄いため、やはり紫外線対策は必要なようですね。


ですが「紫外線対策」=「日焼け止め」ではなく
まだあまり外に出ない2ヶ月頃までは


窓側にベビーベッドを置かないようにしたり
カーテンをUVカットにするなどの工夫をすればOK。


お散歩をするようになる2ヶ月~半年は
暑くなる時間帯を避けて出ます。
午前中なら11時頃まで、午後なら4時以降がいいです。


直接日光が当たらないよう、帽子を被ったり
ベビーカーに日除けカバーを付けましょう。
道路からの照り返しにも、当たらないよう注意して下さい。


抱っこするなら、日傘も上手に使いましょう。
人が多い場所では邪魔になり危険ですので
時間と場所は考えながらお散歩を楽しんで下さいね。


生後半年からは、低刺激の日焼け止めを使用して良いそうです。
うちの場合は、保育園に入ってから使うようになりました。


1歳で入園したんですが、それまでは長時間外にいることがなく
暑いのが苦手だったこともあり、児童館などで遊ばせていたんです。


園から「夏の紫外線対策」というお手紙をもらうまでは
日焼け止めを塗ることを考えていませんでしたが
外で遊ぶ時間が増えたので、日焼け止めデビューした訳です。


生後半年経って、はじめて日焼け止めを使用する場合
アトピーや湿疹があるお子さんは
皮膚科の先生と、よく相談してから使用して下さいね。


肌が敏感な赤ちゃんには、先に保湿剤などを塗ってから
日焼け止めをつけてあげるといいですよ。


いっぺんにたっぷり塗るより、
1時間置きくらいに何度か塗り直す方が
より刺激にならないそうです。

スポンサードリンク


赤ちゃんの日焼け止めでおすすめは?



生後半年から塗れると分かっても
やはり、成分や刺激などが気になりますよね。


敏感肌でないお子さんでも、最初はパッチテストをおすすめします。
少しだけ塗ってみて、赤みや痒みが出ないか見て下さい。


SPFは、大人のように強いものではなく
10~20くらいのものを選びます。
PAは+1程度のものが、負担が軽く安心です。


紫外線吸収剤はかなり刺激が強いため
赤ちゃんは避けたほうが良い成分です。
舐めてしまったり、目に入ると危険です。


また、合成ポリマーが含まれた日焼け止めは
水や石けんでは落ちにくいため
皮膚呼吸が妨げられる恐れがあります。


顔を触られたり、顔に水がかかるのを嫌がる赤ちゃんですと
落としにくい日焼け止めでは苦労しますしね。
水や石けんで簡単に落とせるものを選びましょう。


では、いくつかおすすめのものをご紹介しますね。


「アロベビーUVクリーム」



・原料が100%天然由来
・合成紫外線吸収剤不使用
・国産オーガニック
・お湯だけでするっと取れる
・無香料、無着色、無添加


「ママバターUVケアミスト」



・保湿成分配合
・ミストタイプで塗りやすい
・紫外線吸収剤不使用
・ノンシリコン、パラベン不使用
・虫が嫌いなアロマで虫よけ効果も


「ベビーセバメドUVミルク」



・紫外線吸収剤不使用
・無香料、無着色
・アルコールフリー、弱酸性
・石けんで簡単に落とせる
・消炎、保湿作用あり


「ピジョンUVウォーターミルク」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフ SPF50+ PA++++ 50g
価格:1080円(税込、送料別) (2016/7/26時点)



・UVカットしながらスキンケアできる
・SPF15と25から選べる
・有機紫外線吸収剤不使用
・無香料、無着色
・ベビー石けんで落とせる


「ママ&キッズ UVライトベール」



・石けんで落とせる
・無香料、無着色、無鉱物油
・パラベン、アルコールフリー
※こちらの商品は紫外線吸収剤を肌に触れないよう
 カプセルに内包したタイプです。

赤ちゃんの紫外線対策、日焼け止め以外なら



「色々考えたけど、やっぱり日焼け止めはイヤ」
「うちはまだ小さいから、塗る以外の対策を」
このような方は、下記を参考に赤ちゃんを守って下さい。


・外出の際には帽子が必須
(キャップは☓首の後ろも隠れるツバ広が○)

・薄手のUVパーカーは通気性もよく便利

・園の帽子は首ガードを付けたり、麦わらなどを

・ベビーカーには日よけやサンシェード、UVケープを

・遊んだり散歩したりの時間帯を考える
(10~14時は外出を避けるのが無難)

・車に長時間乗るならUVカットフィルムを

・最近では子供用のUVカットサングラスもあります
(目にも紫外線が入ります。ママさんも対策を)


上記の対策は、一般的な状況のものです。
海や山に行く場合は、やはり日焼け止めは必要になります。
状況に応じた対応で、それぞれの日焼け対策をして下さいね。


 

まとめ



真夏の外出は、大人でも体力を奪われます。
昼の時間帯は外出を避けて


目に見えない紫外線から、あの手この手で
大切な赤ちゃんを守ってあげましょう。


児童館は無料で涼しくて
おもちゃもたくさんありますし


小さい赤ちゃんがいるママさんには
お友達もできるので、おすすめですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。