七五三の写真の相場 安い時期や自分で撮影する場合のコツ

shichigosansyashinnsouba


七五三の写真の相場、気になりますよね。
安い時期やお得な時期を狙って
写真館や、スタジオで撮影するか


自分で撮って、好きなように編集するか。
どちらがより良いものなのか
選択のお手伝いをしたいと思います。

スポンサードリンク
  

七五三の写真の金額の相場



はじめて写真館などを利用する時は
費用や内容が気になりますよね。


ひとことで「相場」と言っても
個人の写真館と、大手のスタジオでは
かなり違いが出てきますし


今は神社の「七五三パック」
なんかもありますからね。


「○○パック」を利用するか
気に入った写真だけ買い取るのかでも
全然値段が変わってきます。


「パック料金」でみてみると
シーズンオフには安くなりますが
15.000~100.000円と差があります。


この差は、豪華な台紙やアルバム
フレーム、データ、グッズなどや
写真の枚数、大きさで変わります。


あとは、衣装代ですよね。
スタジオでは「衣装代無料!」
という所もありますが


神社の場合は、自前の衣装があるなら
その分、安くできる所が多いですね。


あ、衣装といえばですね
スタジオで貸し衣装を自分で選ぶ場合
背景と同じ色にならないように気をつけて下さい!


せっかくの晴れ姿が、
背景と混ざってしまっては
もったいないですからね!


撮影料に関しては、大体が
3.000~4.000円程度ですから


安く済ませたい場合はパックにせず
単品で写真を買い取る形が1番です。


以上を踏まえて、料金の相場は
スタジオなら40.000~60.000円。


写真館なら20.000~
神社なら27.000~40.000円


このような形になります。
写真館に関しては、個人が多いので


交渉次第・・・といった面があるため
「相場」というのが難しいトコロですが


我が子たちが100日祝いの頃から通う
近所の某写真館では、七五三は


撮影料、衣装、着付け
プリント2枚で、25.000円です。


スタジオの貸し衣装よりは
しっかりした着物ですし
ドレスやタキシードもあります。


今では、もうおなじみさんということで
随分サービスしてもらっていますから


ご近所に写真館があるのなら
交渉次第では、安く済む場合がありますよ。

スポンサードリンク

七五三の写真撮影が安い時期



安い時期は、シーズンオフ。
お祝いするのは11月15日ですから


この近くの土日や、大安の日が
参拝や撮影のピークです。



スタジオでは「前撮り」や「早撮り」
という名前で割引をしている所が多く
早いと5月辺りから予約が取れます。


着物を着るには辛い時期、つまり
7~8月辺りも、まだ安いです。


この時期の子供は
日焼けしたりしてますからね。


女の子だと着物にガングロはちょっと・・・
なんて悩みもあるわけで(^_^;)


でもですね、子供が小さいうちは
月齢で随分変わってきますから
「後撮り」の方がいい場合もあるんですよ。


5月より12月の方が
衣装を着てじっとしていられる
確率が上がる、ということです(笑)。


また、七五三の写真を年賀状にする方が
私の周りではかなり多かったんですが


例えば「スタジオアリス」では
データがもらえるのは1年後なため
翌年の年賀状にするには、間に合いません。


「スタジオマリオ」では2週間後に
データCD-Rとして、買い取ることができ


【スタジオエイメイ】
では
データは即日、持ち帰り可能です。


データがあれば、近所の写真屋さんで
好きにプリントできるわけですから


プリント代が節約できますし
年賀状にも間に合いますよね。


各店舗で色々と違いがありますので
ホームページをみて、よく確認して下さいね。

七五三の写真を自分で撮るのなら



自分で撮影するメリットは
費用が安くなるという面以外にも


・硬くない、普段の笑顔が撮れる
・参拝した神社など、リアルな背景
・着物が苦しくグズってもOK
・浮いた分で着物を買ったり、食事を豪華にできる


などなど、たくさんありますから
考え方は、人それぞれですよね。


本来、七五三とは
「子供の成長のお祝い」であり
その成長の感謝を、神様にする日です。


昔は、乳幼児の死亡率が
かなり高かったからですね。


神様に感謝しに行くのに
普段着というわけにはいきませんから


正装して、それを記念に残すのが
七五三の写真撮影となったわけです。


「写真がメインの日」ではないので
無理してまで、プロに撮ってもらわなくても


子供のいい笑顔と、家族の健康
幸せな様子を、自身のカメラに収めて下さい。


今や、一眼レフまでいかなくても
デジカメやiPhone、スマホでも
高画質でキレイな写真が撮れますからね。


今や、一眼レフはレンタルできますし
デジカメも、簡単なコツさえ掴めば
かなりいいものが出来上がります。


撮るならやはり、神社がおすすめ。
小さい手を合わせている姿や
千歳飴を覗いている姿


オシャレをして気取った姿も
親としては、一生の思い出になります。


天気の良い日を選んで
フラッシュは無しで撮って下さい。
着物やドレスの色と被らない背景を探しましょう。


ちなみに、光の反射でキレイに見える
「レフ板」は、100均でも売っていますよ。

まとめ



スタジオ使用で安くあげるなら
キャンペーンやパック利用で
シーズンオフを狙う。


写真館なら、電話で確認。
「出張カメラマン」という手もあり。


自分で撮っても、思い出は残る。
一眼レフはレンタルもある。
デジカメでも、キレイに撮れる。


家族みんなで納得できる方法で
思い出に残る1枚と1日を♡

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。