七五三の女の子の髪型 薄毛OKの3歳や7歳におすすめのアップ

スポンサードリンク

七五三おめでとうございます!
お参りやら、写真撮影やで大変ですが
女の子の場合、衣装や髪型にも悩みますよね。


そこで今回は、3歳向けの髪型と
7歳向けの髪型のおすすめ、そして
その理由についてもご説明したいと思います。

スポンサードリンク
  

七五三にする女の子のかわいい髪型



「7歳までは神の子」。
昔はこう言われていたのはご存知ですか?


母子ともに、出産は危険を伴う時代。
やっと生まれた子も、死亡率が高いため


7歳までは神様から「預かっている」
と考え、7歳まで成長した子供は
ようやくこの世で生きていけるようになる。


そして、15歳で「大人」とされていたので
七・五・三で厄払いをして
神様に感謝するのが「七五三」なんですね。


3歳での儀式は「髪置き」といい
男女が剃っていた髪を伸ばし始める時。


5歳は「袴着」で、男の子が
初めて袴をつける時。


7歳は「帯解」で、女の子が
付け紐を取って帯を使い始める時です。

つまり、昔から「衣装」や「髪型」は
とても大事だったということですね。


では、女の子の髪型について
年代別に考えてみましょう。


※衣装についてはこちらをご覧下さい。

七五三 女の子の髪型で3歳におすすめなのは



上の章で「3歳は髪置き」
というお話しをしましたが


現代でも、女の子は3歳くらいから
髪を伸ばし始めることが多いですよね。


写真館やスタジオで撮影の場合は
まだ伸びていない髪の毛でも


薄毛でも、ショートカットでも
ウィッグやエクステなどを使い
「アップ風」の髪型にしてもらえますし


美容室でも、七五三メニューでは
「着付け+メイク+ヘアセット」
のようなメニューが用意されています。


※写真撮影にについてはこちらです


ですが、2~3歳ですと
髪を触れれるのが嫌いな子もいれば
じっとしていられない子もいますよね。


そういった場合は、ママが頑張って
簡単にセットしてあげましょう。


「セット」と言っても
すぐに終わるようなものが良いです。


ある程度の長さがあるのなら
ポニーテールかツインテールにして
グルグルねじって、お団子にします。


お団子につけ毛を巻いてピンで留め
飾りを付ければ、豪華でかわいくなりますよ。


この髪型は、着物でもドレスでも
飾り次第でアレンジできます。


昔は着物の場合「かのこ結び」など
レトロな日本髪が多かったんですが


今は「レトロな雰囲気」を出しつつも
今風の髪飾りを付けていたり


サイドを編みこんだり
カーラーで巻いたりと
そのお宅なりの個性が出ています。




特に決まりがあるわけではありませんから
好きなように、可愛くしてあげて下さいね。


なかなか我慢ができない子には
「自分で選ばせる」のも手段の一つ。


雑誌などで可愛い髪型を見せて
「じゃあ同じにしようか!?」と
ママがウッキウキで話すと


子供って案外、ノリますよね(笑)。
途中途中で「わー可愛くなってきてる!」


「まるで○○みたいー!」など
声掛けを忘れなければ、持続できる事が多いです。


「○○」は、娘さんが好きなアニメや
アイドル、お人形などの名前です。


うちの場合、先に口紅を塗ってあげると
ずーっと鏡を見ていましたので
その好きに頑張りましたね(^_^;)


それでもダメな場合は
飾りを付けるだけでもいいと思います。


私が子供の頃はおかっぱだったので
お化粧して、大きな飾りを付けるだけでした。


大輪の花から、小さな花が垂れ下がるもので
それだけでも嬉しかったものです。


3歳の場合、髪型がどーのこーので
恥をかくことはありません。
みんな同じ苦労をしていますからね。

七五三の女の子の髪型 7歳のおすすめは



7歳は「帯解き」で、大人と同じ
着物に帯を締めて着るようになります。
だから3歳より、和服の子が多いですね。


7歳ともなると、自覚もありますから
ヘアセットも座って待てますので


かんざしを使った日本髪や
凝った形にしている子も見かけますし
洋風にアレンジしている子もいます。


自分でする場合のおすすめはこちら。




髪の毛が短めでも、つけ毛を買えば
こんなアップが可能です。




いきなり当日にやってみるのではなく
事前に練習をしておいて下さいね。


7歳であれば、プロに任せた方が
その分、ママもオシャレできるので
楽になるかもしれませんね。

まとめ



3歳の子は、髪飾りが気になるので
触ってしまってもいいように
尖ったかんざしなどは控えましょう。


Uピンなども、使わない方がいいですね。
パッチン留めが1番楽で安全です。


スプレーやワックスなども
匂いがキツイと、嫌いになってしまうかも。


「七五三は楽しかった」と
いい思い出が残るように
大変ですが、頑張って下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。