友達の結婚式で着るドレスの色や服装マナーについて

6月はジューンブライド、結婚式のシーズンですね。
お呼ばれする機会も増えるこの時期ですが
「ドレスどうしよう?」と悩む女性も多いと思います。


そこで今回は、友人の結婚式に出る場合の
ドレスの色や形、服装マナーについてお話しします。
参考にされて、披露宴を楽しんで下さいね。


スポンサードリンク
  

友達の結婚式で着るドレスの選び方



結婚式って、花嫁さんよりは目立っちゃいけないのよね?
確か白はダメで、黒は・・・あれ、お葬式の服?
決まり事が色々あった気がするけど、よく分からない!


せっかくご招待された、お友達の結婚式ですから
やっぱりオシャレして出席したいですよね。
では、具体的に服装チェックをしていきましょう。


●白いパーティードレスは着てはいけない
 
これはみなさん、ご存知かと思いますが
理由は、花嫁のウエディングドレスとかぶるから。
主役はあくまでも、新郎新婦ですからね。


ちなみに、パールは白くてもOKです。
黒いパールは、年配者のウケは悪いです。


●白っぽい服装も避ける

ベージュや薄過ぎるピンク、クリーム色、
シルバーなどは、遠目に見ると白く見えます。
全身この同系色で揃えるのは、完全ににNG。


ボレロやストール、羽織ものの場合でも
透け感がないと白っぽく見えるので
できれば避けた方が無難です。


●全身黒でコーディネートしない

黒は喪服をイメージさせますので
基本的にはマナーに反しますが
「リボンだけ黒」「パンプスだけ黒」はOKです。


どうしても黒を着る場合は、全身コーデは避け
羽織ものやバッグ、靴などを明るい色にしたり


ラメの入った黒や、ビーズが刺繍されたような生地や
光沢のある、明るい黒素材を選びましょう。


間違っても、黒いドレスに黒パンスト、白いパール・・・
こんな「お葬式ファッション」にはしないで下さいね。

友達の結婚式のドレスの色は?



「白や真っ黒はダメ」といのはわかりましたが
実際、どんな色を選べばいいのでしょうか?


色選びは、年齢に沿ったものにしましょう。
パーティードレスは無地が基本です。
柄物は避けて下さいね。


20代ならピンク系や明るめのパープル系など
30代ならブルー系、グリーン系、濃いめのベージュ系
40代ならネイビー系やグレー系が年相応です。


ツートンカラーやバイカラーは、昔は
「分かれる」という言葉を想像されることから


縁起が悪いと言われていました。
現代でも、避けたほうが無難だと思います。


赤を選ぶ場合は、派手すぎると目立ちますので
ボルドーのような、落ち着いた赤を探しましょう。


黄色は薄いと白っぽくなりますので
濃い目の黄色を選んで下さいね。

スポンサードリンク

結婚式の服装とその他のマナーを覚えよう



披露宴では、パーティードレスを着ます。
普段着るようなワンピースではいけません。


スカート丈は、ミニはよろしくないですね。
ヒザが隠れる丈を選びましょう。
ピタッとしたタイトスカートも避けましょう。


また、派手なロングドレスやスリットの入ったもの
胸の開いたお水系のドレスもNGです。
チューブトップのようなデザインも避けましょう。


チャイナドレスはタイトでスリットが入っていますが
もし、入っていないチャイナドレスも持っていたとしても
日本の結婚式では、着物以外の民族衣装はNGです。


肩出しのドレスを着る場合は、羽織もので隠しますが
基本的には毛皮や革はよくないと言われています。
現在、カジュアルな披露宴ではファーを見ることもありますが


結婚式は年配の方も多くいらっしゃいますので
フェイクファーでも、できれば避けた方が無難です。


「ドレスは抵抗がある」という理由で
パンツを選びたい方は、マナー違反にはなりませんが
華やかな色や、光沢のある素材を選び


「間違っても仕事用スーツ?」なんて言われないよう
気を付けて選んで下さいね。


バッグは小さめのものが良く
大きすぎるものはマナー違反です。
素材は羽織ものと同じで、革はNG。


また、綿やビニールもカジュアル過ぎるので
パーティーバッグを選ぶと良いですよ。


アクセサリーは、昼ならパールやサンゴ。
夜ならパール、ゴールド、ラインストーンなど。
ピアスは「揺れないもの」を選んで下さい。


時計は外すのがマナーです。


靴はドレスに合ったパンプスを選びます。
ヒールは5cm以上で細いものが基本です。
ブーツやサンダル、ミュールはNGですね。


ストッキングはベージュやナチュラルを。
タイツや網タイツ、素足はNGとなります。
伝染しやすいので、予備を用意しておきましょう。


髪型は、アップやハーフアップが一般的です。
これは、普段通りおろしていると
「ちゃんとセットしてないのね」と思われるから。


また、大きなコサージュや生花を使った髪飾り
ティアラなどはNGとされています。
花嫁より目立ったり、かぶってはいけないですからね。

まとめ



マナー違反や場違いな服装で出席すると
自分が恥ずかしい思いをするだけではなく
招待してくれたお友達にも、恥をかかせる事になります。


困った時は「年配の方に好感を持たれるか?」
ここを考えると、判断がつきやすいですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。