冬の外出時の寒さ対策 防寒しても着ぶくれしない重ね着の仕方

huyugaisyutusamusataisaku


冬のデートや外出する時に
どんな寒さ対策をしていますか?


寒いのは辛いし、防寒対策は大事だけど
着ぶくれするのはイヤですよね。


そこで、重ね着しても着膨れしないコツや
重ね着する順番、おすすめの下着、
防寒アイテムなどをご紹介します。

スポンサードリンク
  

冬の外出時の寒さ対策



冬のデートに絶対行きたいのが
イルミネーションや夜景、
プロジェクションマッピングなど。


でも、この時期は
しっかり防寒して行かないと
風邪をひいてしまいますから


せっかくのデートやお出かけが
台無しになってしまいますよね。


そこで、私が買ってよかったものを
ご紹介したいと思います。
まずは「単品モノ」から。


●手袋


手袋って、見た目が可愛くて買っても
「全然温かくない」「動きづらい」
なんてこと、よくありますよね。


私も、何種類もの手袋を持っていますが
UGGはとにかく温かいです。
UGGのブーツと合わせれば、最強かも!



●イヤーマフ(耳あて)


顔って、防寒できないですからね。
鼻や耳は、冷たくて赤くなりがち。
耳には血管がたくさん集まっているからです。


購入する際に気を付けるのは
耳にフィットするかどうか。
レビューをよく読むといいですよ。



●レッグウォーマー


首、手首、足首、内臓を温めれば
効率よく防寒対策ができます。


レッグウォーマーは、
タイツの上から履けるので
ショーパンやスカートにおすすめ。


短いものから、膝上のロング丈まで
素材も各社から色々出ていますが
温熱効果がある商品もありましたよ。


●ちょー薄い腹巻き


薄くて温かい、シルクの腹巻き。
妊婦さんに人気があるみたいです。


通気性が良いので、冬だけでなく
夏の冷房対策にも使えます。



●充電式カイロ


カイロは常に必需品でしたが
充電式だと、エコでいいですね^^
こちらの商品は、なぜかライトも付いています。


私の場合、大判のカイロはお腹か腰
こちらのスティックタイプは、
かじかんだ手用に使っています。


防寒したいけど着ぶくれはイヤ!!



防寒には、上記のアイテムを使いながら
上手く重ね着することが大切です。


「着ぶくれしない重ね着方法」は
下の章で説明するとして


ここでは「なぜ重ね着が良いのか」
この辺りを詳しくお話しします。


服で防寒するコツは「熱」と「湿度」。


体温を服の中から逃さなければ
単純に、その温度は保てるわけですから


まずは、体にフィットした肌着が必要。
余分な空気が入らないようにする為です。


ブカブカした服からは、空気が入り
どんどん熱が逃げてしまいますよね?


ただし「フィット」は適度なものを。
ピチピチでは、血行が悪くなり
逆に冷えを招くので、要注意です。


次に(2枚目に)重ねる下着も
ブカブカではなく、フィットするものを。
吸湿効果が高い、ウール系がいいですね。


最後に、ニットなどの服を着れば
1枚目と2枚目の下着の間に、


2枚目の下着と3枚目の服の間に
空気の「層」ができますよね。
この層が、熱を保ってくれるんです。


しかし、ここで通気性の悪いものばかりを
無理に着込んでしまうと、蒸れますよね。


汗で湿った服を着ていれば
逆に体を冷やしてしまいますから
素材はとても重要です。


これが「熱」と「湿度」の関係ですね。
つまり、1枚目は通気性が良く
汗を吸ってもすぐ乾く機能性肌着を。


「ヒートテック」や「ボディヒーター」など
各社から色々出ていますよね。
速乾性が強いものを選ぶといいです。


綿も良さそうなイメージですが
吸水性が良いので、汗で冷えてしまうので
綿を着るなら、2枚目がいいです。


というのも、例えばヒートテックですが
汗を吸収しないと発熱しませんから
肌に直接着ないと、意味がないんですね。


ちなみに、機能性下着には寿命があり
「伸びてきたな・・・」
と思った時は、換え時だそうですよ。

スポンサードリンク


着膨れしない重ね着の仕方



「機能性インナーは直接肌に着る」
「上手な重ね着で空気の層を作る」


この2点を実行するだけでも
かなり暖かさは感じられますし


これにプラス上着でも、
まだ着膨れしていませんよね。


このパターンで下半身も防寒すれば
さらに温かさが増します。


機能性インナーには、レギンスや
スパッツ、タイツもありますから


レギンス+レッグウォーマー+ショーパン
タイツ+ブーツ+スカートなどの重ね着で
着膨れせず、おしゃれも楽しめます。


パンツを履くなら
タイツ+裏起毛のパンツ+ブーツ


これに、お尻まで隠れるニットなら
組み合わせ的には最強ですよ。


これでも寒いという方は
「首を温める」のが足りないのかも。


例えば、ヒートテックには
タートルネックもありますから
ウール素材のチュニックの中に着て


さらにマフラーを首に巻けば
空気の層もできて、温かいですよ!


手首は、長めの手袋で隠しつつ
コートでも隠せばいいですし
足首は上の重ね着でバッチリだと思うので


最後に内臓(お腹)や腰にカイロを当て
温かい血液が、全身を流れるようにすれば


冬空の中のイルミネーションでも
寒さを忘れ、美しさを堪能できるハズ。
冬の外出を楽しんで下さいね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。