冬の脇汗対策 臭いと汗染みが気になる方へ

スポンサードリンク

fuyuwakiasetaisaku


冬なのに、脇に大量の汗をかくから
臭いが気になるし、汗染みも心配。
みんな冬の脇汗対策、どうしてるんだろう?


そんな方に、私が実践した
効果的な対策をお伝えします。


スポンサードリンク
  

冬の脇汗対策



夏は夏で、脇汗大変だったんだけど
なんだか夏より冬の方が
脇汗がクサイような気がしませんか?


特に寒い外から、暖房のきいた室内に
入った時なんかは、脇汗がツツーッと
体の横を流れるのがわかる時があって


「あぁ…絶対カットソーに染みてるわ」
と思うと、怖くてコートが脱げないんですよね。


なので、着いたら必ずトイレに行って
脇汗チェックしてから、コートや上着を
脱ぐようにしていました。


まぁ、もっと汗ジミが目立たない服とか
目立たない色を選べばいいんですけど


このコートにニットだとモコモコするし
かと言って、ブラウスだと寒いし
この色の組み合わせはおかしいし・・・


などなど、脇汗だけのために
コーディネートしてらんないんですよね。


だから「今日はコート脱がない」
って決めてたのに、偶然先輩に会って
強引に「お茶しよう」なんてなっちゃった時は


本当、最悪でしたよ。もう(;゚Д゚)
冬も「脇ケア」手抜きしちゃダメですね。
いつ何があるかわからない!


そこで、冬の脇汗対策におすすめなのが
「制汗剤」+「汗取りインナー」。
この2つの合せ技、かなり強力です。


では「臭い」と「汗染み」の問題を
それぞれ解決していきましょう♪

冬の脇が臭い理由と抑える方法



脇汗が心配な人からすれば
ようやく夏が終わって
ちょっとホッとしたのも束の間


秋から冬、冬から春にかけても
「脇が臭い」「汗染みができる」
と言った心配は消えませんよね。


特に、寒い時期の脇のニオイって
ワキガのようなキツイ臭いがしますよね。


これは、アポクリン腺から出る汗が
夏より多くなるからだと言われています。


アポクリン腺とは、たんぱく質や脂質、
アンモニアなどを含む汗を分泌する汗腺。


皮膚の常在菌が、これらを分解することで
ワキガのようにキツイ臭いが発生します。


冬は夏のように、汗を多くかかないので
老廃物が汗で流れていかないことや


体全体が水分不足で乾燥すること、
さらに「冬の脇の臭さ」に加担しています。


これにプラスして「ムレ」ですね。
重ね着や厚着で通気性が悪くなり
ニオイがこもるという、悪循環です(><)


だからコートを脱げないんですよね。
こもったニオイが出口を求めて
「モワ~」っとなるのは絶対避けたい!!


そういった時に、これは便利です↓


Lapomine


ムレずにワキを保湿して
ニオイと汗の抑制が期待できます。


肌が乾燥すると、汗や皮脂が過剰に出て
ニオイの元となる菌が繁殖しやすくなるので


顔や体同様、脇も乾燥しないよう
気をつけて下さいね。

冬でも汗染みが心配な方は



「冬に汗染みってどんだけ!?」
って、私も自分にツッコんだ事がありますが


緊張したりすると、夏も冬も関係ないし
暖房がね、やっぱり強敵なんですよね。
こればっかりは、自分で調節できないですから。


でも幸い、夏よりは服を着るので
脇汗パッドも付けられますし
インナーもトップスに響かないですよね。


上の章でご紹介した「ラポマイン」は
制汗もできますが、どちらかと言えば
「脇の臭い」に強いんですよね。


「臭い」より「汗の量」が気になる場合は
「汗脇パッドが透ける」でご紹介した


リサラ
の方がいいかもしれません。



私はグレーとかカーキが好きなんですが
脇汗が多かった頃には、無地は無理でした。


でも脇汗が減れば、好きな色の服や
素材も気にせず選べますからね~
やっぱり楽しいです(´∀`*)


あ、でも、素材は今でも気にします。
化繊は臭くなりやすいんですよ。
ポリエステルやレーヨンなどです。


ちなみに、今流行りの吸湿発熱インナーも
化繊でできているものが多いので
ワキガの方は、やめた方がいいですよ。


ワキガのニオイが気になる方は
インナーはシルクやコットン、
リネン、麻などがおすすめです。



こちらは、肌着で有名なGUNZEの商品。
ムレにくくて、黄ばみにくい
そしてニオイをカットしてくれるスグレモノ。


薄手ですが、けっこう暖かいですよ。
私は制汗剤+インナーでイケてますが
それでも汗が漏れ出す場合は


・制汗剤の2度塗り
・脇汗パッドの併用
・病院も視野に入れる


この順番で試してみて下さい。
あ、もちろん「内側からのケア」も
同時に行って下さいね☆

まとめ



一度コートに脇のニオイが付くと
取るのに苦労しますから


最初から万全に「脇ケア」をして
今年の冬はオシャレを楽しんで下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。