ラクマ 出品のコツ トラブルや返品されない為にすることは

rakumasyuppinkotu


ラクマに限らず、フリマで売るには
出品の「コツ」がありますが


売れる以上に気を付けたいのが
トラブルに巻き込まれたり
「返品したい」等言われることです。


そこで今回は、ラクマのコツと
出品者が気をつけるべきことを
お伝えしたいと思います。


スポンサードリンク
  

ラクマの出品にコツはある?



年末の大掃除で出た不要品を
オークションやフリマに出す人が
年々増えていますよね。


私も以前、楽天オークションの経験があり
こちらが終了したということで
ラクマをはじめたのが2016年ですが


「案外売れるのね」が私の感想でして
世間で言われる「ラクマは売れない」
というお話しは、ひょっとして


ちょっとしたコツを掴めば変わるのでは?
そう思ったので、記事にしてみます。


なお、これからフリマアプリを入れる方は
2c9gEJGK と、招待コードを入力することで
楽天ポイントが100Pもらえますよ。


さて、私が今まで出品したものは


レディース&メンズの服、楽器、
子供服、おもちゃ、ヘルメット、
タレントグッズ、ゲーム機器、家電など。


私には不要でも、必要とする人がいれば
これらは売れるわけですから


明らかに「誰も要らないだろう」という
需要がなさそうな物は出していません。
例えば、ノーブランドの色あせた服とか。


「売れそうな物」の判断の仕方は
出品されている商品をよく見る事です。


レディースのスーツを出品するなら
ラクマで「レディース スーツ」で検索して


他の人はどれ位の値段で出してるか
特に「SOULD OUT」になっている物は
いくらで売れて、送料はどちら持ちか


コメントが残っていれば
値引き交渉のやり取り等もチェックします。


これで「売れる相場」がわかりますし
「その商品が売れたという事実」も
知ることができますから


同ジャンルで売れた出品画面と
自分の出品画面を見比べてみて下さい。
自分が売れない理由が、客観視できます。


値段設定の他にも、画像も大切です。
ラクマは4枚載せることができるので
色んな角度から撮り、4枚載せましょう。


服なら、正面から1枚(メイン画像)
残りは後ろからや裏地の生地、
タグ、素材やクリーニング表示、


ポケットに手を入れたところや
袖口から手を出したところ、
色確認しやすいように生地のアップ、


実際に着て「身長160cm体重50kg」
とモデルのサイズを明記したりすれば
自分が着たイメージがしやすいので


1枚しか写真がない物に比べれば
購入されやすくなりますよね。


文章も然り、言葉足らずだと
購入者側も不安になりますから
詳細はきちんと載せましょう。


シミや汚れ、ほつれ等がある場合は
必ず文章にして、画像も入れます。


「袖の部分にやや汚れがあります
 4枚目の写真をご覧下さい」などですね。


こいうった部分をお知らせしないと
トラブルや返品の元になりますので


良く見せようとし過ぎず
素直に、正直に状態を掲載しましょう。


楽器やおもちゃ、家電などは
通電や動作の確認の有無も
必ず載せるようにして下さいね。

スポンサードリンク

ラクマでトラブルや返品を防ぐには



私は今まで、トラブルに巻き込まれたり
「ノーリターン」と明記してるのに
返品要求されたという事もないんですが


中には悪質なクレーマーも
存在するみたいですから
まずは、こちら側のミスが無いように


・状態を事細かく文章&画像で掲載
・シミ、汚れ、破損、通電、動作の確認&検品


この2つは徹底して行って下さい。
また、トラブルを防ぐために
コメントなしの即購入を無しにする手も。


「状態に不安がある方はコメント欄で
 必ず気になる所を質問して
 納得できたら購入して下さい」


このように、一言添えておくといいです。
また、商品説明欄には


「素人の検品な為、見落としが
 あるかもしれません」


「○年前に購入、自宅保管ですので
 ご理解ご了承いただける方のみ
 ご購入をお願いいたします」


こういった文章を入れておきます。
電化製品などは、直前に動作確認をして


「今電源を入れました」「動きます」等
コメントをやり取りすることで
この時点では動く(使える)証明になりますよね。


衣類なら「只今、最終チェックを行い
シミ等ございませんので発送します」と
発送直前にコメントを入れましょう。


面倒ですが「発送直前」がポイントです。


ここまでしても、到着後に
「電源が入らない」「シミがある」
「届かない」など言われた場合は


配送中の問題の可能性がありますから
発送は「追跡可能」で、
「補償がある」ものを選びましょう。


私は、小さな物はラクマ定額パック
大きめな物はゆうパックで送っています。


どちらも荷物の追跡ができますし
限度額・条件付きで補償もあります。


ラクマ定額パックの補償限度額は
ネコポスで3,000円まで
宅急便コンパクトで30,000円まで。


ゆうパックは30万円までです。
郵便局で聞くと、
わかりやすく教えてくれますよ。


あとは、宅急便とはこBOONも
補償&追跡あるようです。


特に、ブランドの衣服や時計
スマホなどの高価なものや
ゲーム機などの壊れ物は


定形外郵便(普通郵便)では
送らないようにして下さい。


ラクマは送料込み(出品者負担)の方が
圧倒的に売れるので、どうしても
送料の安いものを選びたくなりますが


何百円かの差でトラブルになるか
ならないかだったら?


そう考えれば、補償&追跡付きを
選ぶ方が賢明ですよね。


定形外でも「特定記録」(160円)
を付けると、ネットで配達状況を
確認することができますが


損害賠償の対象にはなりませんので
個人的には補償&追跡可能な方法を
おすすめします。


出品する前には、ラクマのヘルプ等も
よく読んでおくといいですよ↓
https://rakuma.faq.rakuten.ne.jp/

まとめ



色々不安になるような事も書きましたが
私自身は、トラブルに合った事はないですし
大半はモラルのある方だと思っています。


ですが、直接顔を合わせない分
トラブルの可能性もあるわけなので
十分注意した上で、楽しんで頂きたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。