幼児の工作 簡単なクリスマスの子供向けおもちゃや帽子

スポンサードリンク

xmaskousakuyoujikantan


クリスマス工作の「幼児編」です。
簡単な子供向けのクリスマス工作で
サンタやブーツ、帽子を作りました!


実際に、うちの子が園児だった頃に
作った思い出の3作品です。
クリスマスを待つ気持ちが盛り上がります♪


スポンサードリンク
  

幼児の工作は簡単なものがいい!



前回は、小学生向けの工作で
ステンドグラスを3つ、ご紹介しました。
※作り方はこちらです


今回は、幼稚園や保育園に通う
小さい子に向けた、クリスマス工作です。
今回も、3つの作品をご紹介しますね。


1つめは「芯で作るサンタさん」。
上の写真がそれです↑


中身は、ラップの芯でも
トイレットペーパーの芯でもOKです。
画像は、長さ8cmで切っています。


切った芯に赤い折り紙を巻いて貼り
ベージュの折り紙で顔、白でひげ
三角帽子は、画用紙を糊で貼っています。


ボタンの部分のデコボールも
手足の部分のモールも
100均で売っていますし


足のどんぐりに至っては、無料(´∀`*)
子供と公園に拾いに行くと、楽しいです。


手のモールは、桐で穴を開けて
モールを刺して、中で曲げて
テープで貼ってあります。


足も桐で穴を開け、モールを通して
ぐるんと巻きつけました。(付け根)


足にどんぐりを巻きつけて
「靴」にしてありますが


ボンドかテープで貼らないと
ポロッと取れちゃいますね。


「あ!サンタさん、また靴脱いでる!」
って、当時の娘が言っていました(笑)。
かわいかったなぁ(´ ω` )

クリスマス工作 幼児編 その2



xmaskousakuyouji


これも可愛いですよね(*∂ω∂*`)
でも、赤い画用紙をブーツ型に切り


上に白い画用紙or折り紙やコピー用紙を貼り
パンチで穴を開け、毛糸を通す。


これだけなんですね☆
毛糸は太い方が幼児向きです。



画像ではまとめてリボン結びにしてますが
解いて、長くしてショルダーストラップにしても○。


中は空洞ですから、アメやラムネ
どんぐりなんかが入りますよ。


子供向けのクリスマス工作 その3



kodomomukexmaskousaku


見ての通り、カンタンですが
クリスマスと言えば、三角帽子!!
ということで(笑)。


私なんかは、昭和の生まれですから
こういった↑考えがありますが
現代のうちの子たちは、平成生まれなので


「え?は?三角帽?なんで??」
と、疑問系ではありつつも
周りに飲まれて、かぶってくれています(笑)。


赤い画用紙を手巻き寿司風に巻いて
好きなシールを貼り、ゴムを付けただけ。


これを園で作って帰ってきた頃は
「先生に教えてもらった」と


工作に関しても、クリスマスに関しても
「知識は先生から」という時期でした。
今思えば、最初の反抗期だったのかなぁ。


私の話しは、あまり聞きませんでしたが
先生のことは、崇拝していましたね(笑)
今でも、その先生とはやり取りしています。


工作の話しでしたが、すみません。
作品を見て、思い出してしましました(^_^;)


母親って、こういった思いから
何度も子供が欲しくなるのかもしれませんね。


小さい子は大変で、毎日が戦場ですが
その子供が大きくなると、嬉しい半面
なぜか寂しくなるものなんです。


自分の手から、だんだんと
離れて行くからだと思います。


親子で工作を楽しめるなんて、今のうち。


ぜひ、一緒に作って
思い出をたくさん残して下さいね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。