あやめ祭り2016水郷潮来の見頃と嫁入り舟の日程と駐車場の情報

ayamematurisuigouitako


5月~6月は、あやめが美しい季節です。


そこで、あやめ祭りで有名な潮来市での
花の見頃や、嫁入り舟が見られる期間
駐車場情報や、交通アクセスをまとめました。


「美しい日本の歩きたくなるみち500選」
に選ばれている、水郷潮来の素晴らしいあやめを
存分に楽しんできて下さいね。


スポンサードリンク
  

あやめ祭り2016潮来での見頃は?



2016年のあやめまつりは
5月28日(土)~6月26日(日)まで
見頃は6月10日~中旬辺りです。


あやめや花菖蒲の開花は5~6月で
潮来のあやめまつりはちょうど良い時期です。
昨年の例ですと、6月1日で五分咲きくらい。


あやめ園には500種類、100万株もの
紫、赤紫、白のあやめ(花菖蒲)が
前川沿いの水辺を鮮やかに彩ります。


ここがあやめまつりのメイン会場ですが
予約は不要、入場料も無料です。


眺めがいいのは「水雲橋」という
前川にかかる、アーチ型の橋です。
ここから咲き誇る花達を一望できますよ。


イベントの見どころは「嫁入り舟」や
「あやめ踊り」「ろ漕ぎ舟遊覧」です。
まさに「水郷」ならではですね。


※「水郷」とは、茨城県と千葉県にまたがる
 低湿地帯のことを言います。
 花菖蒲が大変好む環境なんですね。


潮来笠記念碑や、潮来花嫁さん記念碑からは
橋幸夫さんの「潮来笠」や、花村菊江さんの
「潮来花嫁さん」が聴けますよ。

スポンサードリンク

あやめ祭り2016水郷潮来の嫁入り舟



潮来のあやめまつりへ行くのなら
ぜひ見て頂きたいのが「嫁入り船」です。




水郷地帯ですから、移動手段として
もともと舟が発達していた潮来。
お嫁入りの際にも、舟を使っていたんですね。


そう言えば「潮来花嫁さんは舟でゆく」
こんな歌詞を聴いたことがあります。
水郷のバージンロードといったところでしょうか。


あやめ祭り期間中は、この「嫁入り舟」が
イベントとして行われますので
情緒ある光景を楽しんで下さい。


2015年の例ですと、嫁入り舟は


毎水曜の11時~
毎土曜の11時~、14時~、19時半~
毎日曜の11時~、14時~でした。


夜の嫁入りはライトアップされていて
それはそれは幻想的で、まるで
「日本昔話し」のような世界ですよ。


出航場所は、あやめ園のろ舟乗り場からですが
その前に「潮来花嫁さんの記念碑前」から
船頭さんと仲人さん、花嫁さんで園路を歩きます。


天候が悪いと中止になる場合もありますが
お天気が良ければぜひ、時間を合わせて
別世界を堪能されて下さい。

あやめ祭り2016潮来の駐車場と交通アクセス



メイン会場あやめ園の詳細はこちら

住所:茨城県潮来市あやめ1-5
電話:0299-63-1187(祭り期間中)
   0299-63-1111(潮来市観光商工課)


期間中は、臨時駐車場が無料で利用できます。
車の場合、東関東道潮来ICより4kmほど
電車の場合、JR鹿島線潮来駅より徒歩3分ほど


東京、千葉方面からですと

東京駅でJR総武本線→成田駅(70分)
成田駅でJR成田線→佐原駅(30分)
佐原駅でJR鹿島線→潮来駅(10分)です。


東京から高速バスの場合は
東京駅八重洲南口(1番乗り場)から
「鹿島神宮行き」もしくは


「鹿島セントラルホテル行き」に乗車
「水郷潮来バスターミナル」で下車。
期間中は無料シャトルバスが出ています。


花の見頃は6月10日くらいからですから
11日(土)、12日(日)辺りは
かなりの混雑が予想されます。


駐車場を利用される方は、早めに出発し
早めに確保することをおすすめします。

まとめ



花菖蒲はアヤメ科で「あやめの仲間」ですね。
あやめ園では「あやめ(花菖蒲)」と記載しています。


嫁入り舟の他にも「あやめ踊り」や
「ろ舟(さっぱ舟)」も見どころですよ。


あやめ踊りは、毎日曜のお昼頃から
ろ漕ぎ舟は毎日、遊覧を楽しめます。


この舟にこどもと一緒に乗ると
どうして手漕ぎ舟のマネをする時に
「ぎっちらこ」と言うのかがわかりますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。