ハロウィンパーティーで子供が喜ぶ料理 簡単レシピとデザート

スポンサードリンク

halloweenkodomoryouri


子供が集まるハロウィンパーティー。
やっぱり、料理やデザートでも
喜んでもらいたいですよね。


かぼちゃを使ったものから
そうでないものまで
簡単で楽しいレシピをご紹介します。

スポンサードリンク
  

ハロウィンに子供が喜ぶ料理を!



子供やママ友(たまにパパ)で集まって
毎年ハロウィンパーティーをしています。


去年は私の家の番だったので
色々と料理のアイデアを考えました。
その中でも、評判の良かったものは


子供には、オバケやガイコツ
かぼちゃに顔が付いたもの。


味はさておき(?)
見た目で盛り上がっています(笑)


ママ友には、以外でしたが
「ちらし寿司」と「おでん」。


その理由は
「野菜、たんぱく質、炭水化物
 全部いっぺんに摂れるから!」


そうなんですよね~
「パーティー」ってなると


子供たちはご飯そっちのけで
遊びに遊んでしまうので


栄養がおろそかになってしまうことが
親たちの悩みでもあるんです。


だから、色々な物が入っていると
「ま、とりあえず食べたからいいか」
と安心するわけですね。


もちろん、ちらし寿司もおでんも
ハロウィン用に作ったので
子供たちもけっこう喜んでよそっていました。


どちらもクッキーの型を使い
にんじんはジャック・オー・ランタンに。
こんな物があると便利です↓


おでんは、ゆで卵にもしらたきにも
海苔やゴマで目をつけました。


はんぺんは妖怪ウォッチのウィスパーに
ウインナーは細かい切り込みで
火星人のようにしたものと


指に見えるように、切り込みを入れ
関節や指、指を表現してみました。
ちょっとグロかったです(^_^;)


ちらし寿司は、海苔をカットして
「HAPPY HALLOWEEN」と並べ


周りに、にんじんジャックや
れんこんガイコツ、たまごオバケ


彩りよくイクラや枝豆を散らせば
けっこう「パーティー料理!」
って感じになります(´∀`*)


海苔巻きや手まり寿司にしても
かなりかわいいものができますよ。


他に、簡単でウケがよかったレシピと
ママ友作の、マネしたいと思った料理を
下にまとめておきますね。



ハロウィンの簡単レシピ



オバケおにぎり

塩にぎりをラップでオバケ型にして
マジックで目を描くだけ!

究極に簡単ですが、後でお腹すいた時に
食べられるので、案外重宝します。
ドクロの顔でもおもしろいです。


ウインナーのミイラ

ウインナーやソーセージに
市販のパイ生地を細く切って
グルグルに巻いて焼くだけです。

裂けるチーズを細かく裂いて
グルグル巻いてもいいですよ!
海苔で目をつければ、さらに良し。


オバケハンバーグ

ハンバーグにとろけるチーズを乗せるだけ。
四角いチーズをくり抜いて
目や口を表現してもいいですし

わざとガタガタにちぎって乗せて
オバケ風の形に溶けたら
海苔やゴマで目をつてもいいです。

ソースで顔を描いてもいいですね。
ケチャップなら、血に見えたり。

チーズが溶けると、けっこう
不気味な感じが出るんですよ~。


トマトカップサラダ

大きめトマトを上の方で切って
中身をくり抜きます。

目は三角、口はギザギザに
トマトに顔を作ります。

サラダは、くり抜いたトマトと
レタスやきゅうり、ツナなど
マヨネーズと混ぜて、カップに入れます。

丸々かぼちゃのクリームシチュー

かぼちゃを丸ごと1個買ってきて
レンジで柔らかくチンしたら
4分の1辺りで、2つに切ります。

上の部分は、蓋として使用します。
下は中身をくり抜き、シチューの具に。

緑の皮の部分を少しだけ三角に削り
ジャックの目と口に見えるように。

後は、市販のルーでシチューを作り
ジャックの中に注ぎ入れます。

クリーム色のシチューになるので
にんじんやブロッコリー、パプリカなど
カラフルな野菜を入れると豪華に見えます!

ハロウィンの簡単デザート

halloweenokashitedukurikantan


まずはやっぱり、かぼちゃを使った
デザートやお菓子から。


かぼチーズ巻き

かぼちゃをチンして、柔らかくしたら
砂糖、クリームチーズ、牛乳を入れ
つぶしながら混ぜます。

春巻の皮にこれを包んで
くるくるとスティック状に巻きます。
巻き終わりは、水で止めて下さい。

後は油で揚げるだけ。
ハロウィンの絵が描かれた皿や
紙コップに立ててもかわいいです。



茶巾・ハロウィン編

皮を取ったかぼちゃをレンチン
熱いうちにバターと砂糖を入れ
マッシャーでまんべんなくつぶす。

ラップでかぼちゃの形にしたり
ドクロ風の形にしたり。
子供に作らせても喜びますよ。

つまようじで筋を入れたり
ゴマで目をつけたり、簡単です。
(上の写真がそれです)


あとは
かぼちゃを使わなくてもよければ
目玉チョコが簡単です。




黒目の部分を大きくすると
ちょっと可愛くなります。


ママ友が作ってきて驚いたのは
調理用のビニール手袋(透明)に
アメやチョコを詰めたものなんですが


マジックでマニキュアも塗っていて
けっこうリアルに「手」でした(笑)。
手首をリボンで止めれば完成です。


市販品を詰めるだけだけど
子供たちはギャーギャー喜んでましたね。

まとめ



以上、今回は「簡単」にこだわって
短時間でできるものをご紹介しました。


部屋を簡単に飾り付けしたり
チラッと仮装してみたりと


「いつもと違う雰囲気」というだけでも
充分盛り上がるのが子供です。


さんざん色々な料理を作っても
「たこ焼き食べたーい」
なんて言った男子がいて


その後、大爆笑が起こりました!
ヾ(>▽<)oきゃはははっ!


みなさんも、
楽しいパーティーになりますように☆

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。