花粉症の目のかゆみを目薬以外で和らげる対処法

スポンサードリンク

kahunsyoumenokayumi


花粉症で辛い目のかゆみ!
「目薬ないの?」って言われるけど


副作用が気になったり、
先端恐怖症だったり、
しみるのがイヤだったりと


「目薬を使いたくない!」という人が
案外多くて驚きました。


そこで、アレルギーの私がいつもしている
目薬以外の和らげる方法をお伝えします。
かゆいのかゆいの飛んでいけ~☆


スポンサードリンク
  

花粉症の目のかゆみを目薬以外で治したい



“目薬嫌い”の人たちに
「なんでイヤなの?」と聞くと


「強い目薬は副作用があるでしょ?」
「目にも皮膚にもしみるから」
「市販のヤツは全然効かない!」
「ぶっちゃけ、さすのが怖い(^_^;)」


こんな意見が聞けました。
確かに、直接目に入れるものですから
色んなことが気になりますよね。


私はヒノキやイネ科がダメなんですが
猫やハウスダストにもアレルギーがあります。


それなのに、猫を飼っていますから
1年中、病院の薬を飲んでいるんですね。


それでも目がかゆい日や
くしゃみ、鼻水が出る日もあるので
色んなことを試してきました。


その中で、目薬以外で目のかゆみに
「効果があった」と感じたのは


1.冷やす
2.アロマ
3.メンソレータム


です。(順不同)
では、順番にお話ししていきますね。

目のかゆみを和らげる方法



まず最初にお伝えしたいのは
目をかいてはいけないということです。


角膜が傷付いたり、炎症が悪化したり
白目が腫れて白玉団子みたいになるからです。


冷やすと炎症が一時的に抑えられて
「ウォーッ!!」という
猛烈な痒みからは逃れられます。


私もよく、無意識でこすってしまい
白目がぶよぶよになり
黒目に引っかかって痛いんですよね。


あの痛さを思い出すとゾッとするので
強烈なかゆみが襲って来る前に
冷やすようにしています。


襲われた後でも効果はありますが
襲われる前が、一番効きますよ。


次に2番の「アロマ」ですが、精油100%の
エッセンシャルオイルを使います。


個人的には「ラベンダー+ペパーミント」
これが一番効果ありと感じていますが
ローマンカモミールにも抗炎症作用があります。


好きな香りを選ぶことも大事なので
効果のあるものを、色々試してみて下さいね。


使い方は、ディフューザーより
ハンカチやガーゼ、ミニタオル、
マスクなどに1敵たらすか


清潔な洗面器に水とオイルを2敵入れ
ガーゼ等を浸して絞り、目に当てます。
お湯でもいいですが、私は冷たい水が好きです。


「マスクにたらしても鼻だけで
目は関係ないのでは?」
と思われるかもしれませんが


温かい息で、蒸気のように
マスクの鼻の隙間から上がってくるので
個人的には目にも(・∀・)イイ!!と思っています。


この原理(?)で、精油がなくても
メンソレータムを微量、鼻に塗ったり
(目に塗ると目が開かなくなるので)


ミント味やメントール系のガムでも
スースーして和らぎます。


要はかゆみが治まればいいので
「え~本当?」とは思わずに
自分を騙してみて下さい♪


ちなみに、よく噛んで顎を動かすと
鼻粘膜の血流がよくなるので
鼻づまりにもいいと言われていますから


「騙されたと思って」実践してみて下さい。
私は1~3番、全て効果ありです(๑•̀ㅂ•́)و✧

花粉症 目のかゆみの対処法



昔はよく目を洗っていたんですが
「それはよくない」と聞いてから
水道水も、洗眼液も使っていません。


液体をカップに入れて、目を洗うやつ。
あれは、目に必要な成分まで落とし
目が乾いてしまうんだそうですよ。


どうしても目を洗いたい時は
防腐剤が含まれない「人工涙液」という
涙に近い優しい点眼薬がいいんだとか。


これだと「結局目薬じゃない?」
となるかと思いますが
「目を洗うなら」という意味です。


参考までに、人工涙液型点眼薬は
「アイリスCL-Iネオ」や
「ソフトサンティア」がそれにあたります。


使いたくない目薬を使うくらいなら
花粉が目につかないようにしたり


アレルギーを悪化させる原因に
注意して生活した方が楽だと思います。
花粉がつかないようにするには


・外ではメガネをかける
・つけまを付けない
・帽子をかぶる
・家に着いたらシャワーか洗顔
・空気清浄機をフル稼働


これを徹底すると、かなり違いますよ。
メガネの時より、コンタクトの方が
圧倒的に目がかゆいですもの。


髪の毛は静電気で花粉を
呼び寄せちゃうみたいですし
つけまは花粉が付くと取れづらいです。


あとは、大食いや睡眠不足、ストレス
疲労、運動不足、タバコ、食品添加物は
アレルギーを起こしやすくすると言われています。


生活習慣や食生活に問題がある方は
これを機に、見直して下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。