最近息が臭い!? 舌苔が原因の口臭におすすめの除去方法

スポンサードリンク

saikinikigakusai


最近が息が臭いそぶりをされる。
自分でも、なんとなく臭う気がする。


舌に白い苔が生えてるし
これが原因で口臭が出てる・・・?


こんな風に悩んでいるあなたへ
歯ブラシを使わずに舌苔を除去する方法をお伝えします。


スポンサードリンク
  

もしかして最近、息が臭いのかも・・・



自分のニオイって、自分では
わからないことがありますよね。


特に口臭の場合、鼻から近いので
自分のニオイに慣れてしまって
気が付かないことが多いんです。


他人からの指摘はかなり傷つきますが
コソコソとうわさ話をされたり
臭いそぶりをされる方が嫌ですよね。


ニオイは体調のバロメーターですから
突然口臭が出ることもありますし
出ている時は、必ず原因があります。


歯周病や虫歯、胃潰瘍や便秘などの
目立った病気や症状がない場合は
舌が原因かもしれません。


一度、鏡で「べー」としてみましょう。
舌に苔がたくさん付着していたら
「べー」の状態だと、臭うと思います。


舌も体調を表すのですが
特に体調が悪くなくても


夏の脱水や、冬の乾燥など
季節の状態でも、舌が臭うことがあります。

舌の苔が白いのが口臭の原因なの?



舌の苔を「舌苔(ぜったい)」と言います。
舌苔の正体は細菌、食べかす、剥がれた粘膜。
つまり、誰にでもあるものです。


「舌が白い」と言っても、上のように
「誰にでもある程度の白さ」もあれば
真っ白で分厚くなっている人もいます。


前者の場合、あまり臭いはありませんが
口内の細菌が増えたり、舌の動きが低下すると
白さが増して、臭くなります。


臭いが増すのは、唾液が減るから。
夏は汗をかくので唾液の分泌量が落ち
細菌や舌苔が増えやすくなります。


逆に、冬は乾燥するため口が乾き
やはり、細菌は増えやすくなります。


また、舌の動きが少ない方は
舌に汚れが溜まりやすくなります。


朝起きてすぐに口臭が気になるのは
寝ている間の唾液分泌が少ないことと
舌があまり動かず、汚れが取れないからなんですね。


また、抗生物質を飲み続けると
口内の良い細菌が死んでしまい
口の乾きも伴うことから、口臭が出やすいです。


ですが、こういった理由で
舌が白くなっている場合に
舌を磨くのは、実はおすすめできません。


すでに「舌磨き」をされている方は
経験があると思うのですが
舌苔を取っても取っても


すぐに生えてきませんか?


すぐに白くなるから、その度磨いたり
綺麗に取れるよう、力を入れて磨いたり
これこそが、舌を傷つけて


余計に臭くなる原因なんです。


では、舌を何度もゴシゴシせずに
舌苔を取るにはどうしたらよいのでしょうか?

こすらずに舌苔を除去する方法



舌は粘膜で傷つきやすいので
できるだけ、優しく除去したいですよね。
そんな方におすすめなのが「キウイ」です。


キウイフルーツに「アクチニジン」
という成分が含まれており
この成分が、舌苔を処理してくれます。


アクチニジンとは、たんぱく質分解酵素。
舌苔の成分はたんぱく質ですから
食後に食べることで、嫌な臭いを取ってくれます。


より効果を発揮するには、すぐ飲み込まず
舌の上で30秒くらい転がしてから
飲み込むようにして下さい。


食後に舌の上を転がすことで
食べかすにアタックしてくれますよ。


キウイはCMでもおなじみですが
健康にも美容にもよく、栄養ギッシリで
私は毎朝食べているんですが


朝食後にキウイでケアすることで
かなり長時間、口臭を防いでくれていると感じます。


健康にもいい食材なので
ぜひ試してみて下さいね。

まとめ


どうしても舌を磨きたい方は
1日1回を厳守して下さい!
専用の舌ブラシを使用して下さいね。


「磨く「取る」ではなく
「なでる」という感覚で行います。


舌を磨きすぎて、
味覚異常を起こすこともあるので
舌は粘膜だということを忘れないで下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。