脇汗の目立たない色と汗脇パットの付け方のコツとインナーのおすすめ

スポンサードリンク

wakiasemedatanaiiro


暖かくなってきましたね。
これからの季節、女性の心配事として
「脇汗」という悩みが浮上します。


そこで今回は、脇汗が目立たない色や
汗腋パッドの外れない付け方、
脇汗対策インナーのおすすめをご紹介します。


脇汗でファッションが楽しめないないと
夏がつまらないですからね。


スポンサードリンク
  

脇汗が目立たない色や素材は?



脇汗が1番目立たない色は「黒」ですが
いつも黒ばっかり着るのはイヤですよね。
第一、真夏に黒は暑い!!です。


次に目立たないのは「白」ですが
汗ジミが黄色くなるタイプの方は


白だとすぐにダメになってしまいますよね。
黄ジミはなかなか取れないですから。


では逆に、1番目立つ色は何かと言うと
「グレー」です。
これにはきちんとした理由があり


黒は光を吸収し
白は光を反射します。


汗で濡れると、黒は変化が見えませんが
白は透明に見えますよね。


グレー生地は、黒と白の糸でできていますので
濡れた部分が黒く浮き出てしまうんです。


だからと言って、日々黒白交代で着るのも
「いつも同じような服」と思われちゃいますし
着たい服が着れないのって、ストレスですよね。


脇汗を目立たなくするテクニックは
「色」よりも「柄」や「素材」で
ある程度カバーすることができるんです。


目立たない柄のおすすめは
ボーダーや花柄、チェックなど。
細かい柄でごまかすのが、効果ありです。


wakiasemedatanaiiro2


↑これなんてどうです?
けっこう、汗かいた状態で撮りましたが
全然わからないですよね?


白黒のギンガムチェックは
おすすめですよ~♪


無地は脇汗を目立たせるので
なるべく無地の部分が無いデザインを
選ぶようにして下さいね。


次に素材ですが、サテンや絹は目立ちません。
光沢があると、光が反射するからです。


綿は汗を吸収しますが、速乾性に欠けるため
なかなか乾かず、結果目立ちます。


乾きやすいのは化繊です。
ポリエステルやナイロンですね。


その他に目立ちにくいのは
サマーニットやメッシュ素材。


カーディガンなどの羽織ものは、涼しくて
且つ目立たない、メッシュをおすすめします。

汗脇パットの上手な付け方



色、柄、素材のテクニックは覚えたけれど
さらに汗腋パッドも使いたい!という方は
ここでコツを覚えておきましょう。


よくある「あせワキパット」や
「汗取りパッド」での失敗例は


・汗でずれる、取れる
・付けても汗が滲み出る
・服から透けて見える


この3点だと思います。
最近のパッドはサイズが大きく
生地も厚めになり、昔より汗を吸いますが


それでもパッドから汗が漏れる場合は
少しずらして2枚貼るといいですよ。


昔のものは、テープの粘着力が弱く
汗の重みで落ちたり取れたりしましたが
現在はこの点は改良されています。


それでも「取れてしまう」という方は
あまりくっつかない素材の服を着ていませんか?
ブラウスなんかは、取れやすいですね。


はがれにくくする裏技として
時間がある方は、前の日から貼っておくこと。
しっかりと粘着し、取れ辛くなります。


仕込みを忘れて、当日に貼る場合は
一度貼ってから直前まで重しを乗せておき
しっかりついたら、服を着ます。


そして、これは私が以前使っていた方法で
あまりおすすめはできませんが・・・
絶対に取れてほしくない時は、縫いました。


縫うと言っても、真ん中一箇所だけで
服の脇の下からパッドを固定させる為に
一刺しするだけなので、バレません。


ただ、途中で取り替えたい時は
外すのは糸を切るだけでいいのですが
新たに付け直すものは、縫えません。


こんな苦労をするよりは、使い捨てではなく
洗って使える、布製のものが楽です。


ブラジャーの紐を利用してつけるタイプや
袖付きブラジャーにパットがついている物等
今は色んなタイプが出ていますよ。


脇に直接貼り付けるタイプもありますし
「塗るタイプ」なんかもありますよ。
詳しくはこちらのページに書きました。

脇汗インナーのおすすめ製品



最近は本当に、脇汗対策商品が豊富です。
特にインナーは使えます!
私はこれなしでは生きていけませんもの。


今売れているのは、フレンチスリーブで
胃の辺りまで来るショート丈のもの。



売れてる理由は、アウターから見えないことと
脇にピタッとフィットするので、汗が滲み出ないこと。
リネン素材なので、肌にも優しいんです。


他にも、お腹まで隠れるタイプありますし
キャミソール型や、タンクトップ型など
様々な汗取りインナーが出ています。


汗を吸収するだけではなく
メーカーによっては、防臭機能や
抗菌機能付きのインナーもありますよ。


たしかに、脇汗を大量にかくと
臭いもちょっぴり気になりますよね。


また、生地の裏側に汗を吸収する加工や
水分拡散加工をしたTシャツも見つけました。


これならインナーとしてではなく
そのまま着られるかもしれませんね。

まとめ



脇汗がすごいからオシャレができない!
好きなファッションが楽しめない!
こんな風にあきらめないで


自分に合った脇汗対策を探して
夏を楽しみたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。